トイレ

窓リフォームやトイレ水漏れにしっかり対応|ミラクル作業で問題解決

住みやすさを求める

ガラス交換を行うときに気を付けること

窓ガラス

近年、住宅用のガラスの性能は非常に高くなっており、ガラス交換を行うことで得られる様々な利点があります。まず、断熱性能の高いガラスへの交換による断熱改修はエアコンを効果的に使用できますので、冷暖房費の節約につながります。次に、梅雨時期や冬季などに起こる結露を防止します。これにより、カビやダニなどの発生を抑えることができ、より健康的な生活を送ることが可能となります。また、防音性能の高いガラス交換を行う場合は、室外の車や電車の走行音等を軽減することができます。他にも強度が高い防災ガラスや防犯ガラスなどがありますので、ガラス交換を行う際はどのような性能が必要なのかを決めたうえで、事前に施工業者に確認することが望ましいでしょう。

省エネ住宅ポイントの対象となる窓ガラスの交換

一定の省エネ基準に適合した住宅の窓ガラス交換による断熱改修は、現在実施されている省エネ住宅ポイント制度の対象となります。省エネ住宅ポイントとは、省エネ住宅の新築や既存住宅のエコリフォームに対して商品券などと交換できるポイントが付与される制度で、2015年の3月から申請が始まっています。窓ガラス交換についての具体的な施工内容としては、既存窓を利用した複数ガラス等への交換や内窓設置、あるいは既存窓を取り除いた外窓交換工事がポイントの発行対象となり、それぞれ窓の大きさに応じたポイントがもらえます。省エネ住宅ポイントは早期に終了してしまうことが予想されますので、ガラス交換等のリフォームを行うときは早めの施工依頼と申請を行うことが望ましいでしょう。